新着情報

箱桁の高力ボルトの締め付け

連結部の高力ボルトの本締めについて詳しく紹介します。

高力ボルトは締め付けは2回行います。

施工前では架設時に使用した仮ボルト(全体の1/3)とエスパーピン(全体の1/9)が挿入されいますので、空いている孔に本ボルト

を挿入し専用工具を用いて約60%の力で一次締めを行います。

その後、仮ボルト・ドリフトピンを本ボルトと入れ替え同様に一次締めを行います。

施工前(仮ボルト1/3、エスパーピン1/9)

一次締め状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一次締め完了後、ボルトが確実にしまったことを確認するためのマーキングを行います。

マーキング状況

マーキング完了

 

マーキング拡大

 

 

 

 

中央から端に向かって専用工具(シャーレンチ)で本締めします。

本締めされるとボルトの先端のチップが切断され、締め付け完了です。

 

本締め状況

シャーレンチ拡大

マーキング拡大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このチップの切断とマーキング状況を全数(当工事では約37,000本)目視で確認して容易に確実に締付られていることが確認できます。

 

 

 

シェアする